ICタグとは

ICタグとは

ICタグには電子タグ、無線タグ、無線ICタグ、RFタグ、電子荷札、電子値札などいろいろな呼び名があります。
名前からも想像できるとおり、ICタグは、今後、商品に使われるバーコードに取って代わる技術と考えられています。
ICタグにはバーコードより優れている点が多くあるため、流通のしくみをより高度に、便利にするものとして最近特に注目されています。


それではICタグとは一体どんなものでしょうか?

ICタグとは、シールラベル、タグ、コイン、キー、カプセルなど様々な形状のものにICチップと小型のアンテナを埋め込み、そこに記憶された情報を電波によって直接触れずに読み取る技術のことです。

そのICチップとは、特定の働きをする電気回路が0.数ミリという大きさにまとめられた集積回路(Integrated Circuits)のことで、小さいながらも膨大な容量の記憶メモリを持っています。

情報の読み取りには無線(RF:Radio Frequency)を使った専用のリーダー/ライター(R/W、読み取り機)を使い、ICタグに記憶されているID番号(個体を表す情報)を読み取るので、別名RFIDタグとも呼ばれます。

関連記事

Copyright © 2006 ICタグを図解で解説 ICタグ辞典. All rights reserved