基本的な取り扱い方法

ICタグは磁力を使うシステムですが、他の電気製品の磁力を受けたとしても、それによって壊れることはまずありません。
ですから、テレビなど強い磁力を発する機器のそばに置いておいても大丈夫です。

ICタグ


周波数によっては水の影響を受けやすいものもありますが、濡れたからといって壊れるということもありません。
ICタグを紙ラベルなどではなく、水に濡れてもよいデザインにすれば、海や川で使うことも可能です。

しかしコンテナなど屋外で扱われるもの、積荷など激しい負荷がかかるおそれがある場合は、物理的な原因で壊れることは考えられます。

関連記事

Copyright © 2006 ICタグを図解で解説 ICタグ辞典. All rights reserved