婦人靴売り場、図書館などの貸出し

●婦人靴売り場

ICタグ 管理

大手老舗デパートの婦人靴売り場でICタグ導入の実験をしたところ、コスト削減と売り上げ増の両方の効果が確認されたことは、新聞やニュースなどでも話題になりました。
服などのアパレルに比べ、靴は品揃えが多く、商品サイクルの期間が短く、サイズも細かく分かれているため、在庫管理がより煩雑になりがちです。
また、店頭に展示してあるサイズは限られているため、客の要望に合わせていちいち倉庫に行って在庫を確認してから取ってくるという作業が発生します。
そこにICタグを導入することで、接客中にその場から離れることなく在庫の確認ができ、今ある商品を確実に客に薦めることができ、客の満足度も上がります。
また、接客時間が短くなることで、接客できる人数が増え、結果的に売上増にも繋がりました。

このシステムは特に、来店者数の多いお店やセール期間中に導入すると顕著な効果を発揮するという実感が得られたようで、この百貨店では各店舗の状況に応じて本格導入を進めているようです。


●貸し出し管理

レンタルショップや図書館などで貸し出し品にICタグを付けると、管理が情報の閲覧が簡単になったり、貸し出し手続きの時間の短縮、不正な持ち出しの防止に役立ちます。
実際に図書館での導入事例はかなり増えてきているようです。
これまでにも貸し出し品はバーコードで管理するのが当たり前となっていました。
しかし近年、図書館などは市町村合併合などで管理体系が変わることもあり、いちいちバーコードを張り替えるよりも書き換え可能なICタグを付けるほうが将来的に便利、という理由もあります。

貸し出しや管理の手間が省けることから、無人のレンタルシステムも出始めています。

関連記事

Copyright © 2006 ICタグを図解で解説 ICタグ辞典. All rights reserved