セキュリティ

ICタグ

基本的にはICタグのチップにはID番号が記憶されていますが、それ以外に何が書き込まれるかは、利用する目的によって異なります。

単純な情報ならいざしらず、大切な情報が読み取られる可能性だってあります。
そこでICチップのセキュリティを高める必要が出てきます。


少々技術的な話になりますが、ある程度専門知識を持った人がICチップを顕微鏡でのぞくと、回路の構造から信号の流れがわかってしまうことがあります。

これを防ぐために、回路の配置を工夫したり、回路に隠蔽マスクをかけたり、信号を暗号化したりと、ICチップメーカーは様々な対策を講じています。


しかし、この対策を正しく評価する第三者機関の制定が、ヨーロッパなどに比べ日本は遅れています。一刻も早い評価機関の整備が待ち望まれます。

関連記事

Copyright © 2006 ICタグを図解で解説 ICタグ辞典. All rights reserved