情報管理の徹底

ICタグ

ICタグの情報はID番号がメインとなるので、それ自体に重要な意味になることは稀です。
重要な情報のほとんどすべてはサーバ側に集約されています。

ICタグそのものに重要な情報がある場合は、その時点でそれを持っている人が大切に保管すればよいですが、サーバ側にある場合は管理を事業者側に任せることになります。

今の時代、機密情報の厳重管理は企業にとっての生命線とも言える課題となっていますが、それでも情報の漏えいや悪用の話は尽きることがありません。

ICタグが付いている、付いていないは基本的にユーザーが選べるものではありません。

ユーザーが安心して利用できる環境を整えていくことが、ICタグの本格的な普及のために必要なことのひとつとなります。


関連記事

Copyright © 2006 ICタグを図解で解説 ICタグ辞典. All rights reserved