ICタグは国の重点政策

ICタグ

平成13年に、国の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)が推進する「重点計画」でICタグが取り上げられて以来、経済産業省と総務省が中心となり、他の省庁や民間企業を巻き込んで様々な研究・実験が行われています。

2006年から2010年にかけては、「いつでも、どこでも、なんでも、誰でも」コンピュータ・ネットワークに簡単につながる「ユビキタスネット社会」を実現するため、政府はICタグを取り入れた「u−Japan政策」を推進しています。


この現象は日本だけの話ではありません。
世界各国が、政府主導でICタグの研究、実験に取り組んでいます。

アメリカでは、ICタグの大量導入を政府主導で行っています。イラク戦争でたびたび発生した軍事物資の輸送ロスを減らしたり、偽造医薬品の流通を防ぐなど、深刻化する問題の解決のためにICタグを積極的に採用しています。

関連記事

Copyright © 2006 ICタグを図解で解説 ICタグ辞典. All rights reserved